徒然ノート

好きなものを好きと言うために、触れたものを覚えておくために、気の向くままに書き散らかす備忘録。

楽曲感想:『ゴールデン・アルバム』

こんにちは、kaoです。

今回はゴールデンボンバーの楽曲感想として、アルバム『ゴールデン・アルバム』についてつらつらと書きました。最近のでも何でもないんですけどまあ思い立ったが吉日的な。

ちゃんと聴いたらめっちゃいいこと言ってる!という歌詞も多い彼らですが、如何せんライブ演出やPVのせいでさっぱり頭に入ってこない事案が多発します。そんなところも好き。そんなところが好き。自覚症状のある末期です。

 

※布教のようにばかすかYou Tubeリンク貼りまくってます。もし気になったものがあればチラ見でもしていただけるととっても喜びます。わたしが。

 

 

01: パトス
インストゥルメンタル曲。歌詞はないが鬼龍院さんの呻き声がじわじわ迫ってくる。パトスを感じながら2曲目に移行するための曲。

 

02: デスメンタル
1曲フルで頭振れるのでは?と思わせるヘドバン曲。歌詞が全方向から精神抉ってくる。まさにデスメンタル。ギターソロが無駄に長く、過去のライブでは延々繰り広げられるエアギターに「もういいよ!長いよ!!」とメンバーからツッコミが入る茶番があった。

 

03: 僕クエス
ライブではヘドバンと手扇子が楽しめる。そこはかとなくRPGの歌詞がたまらない。応援歌のようでありながらラスト大サビで「いざ 絶望の彼方へ」というフレーズを入れてくるセンス。PVがファミコン格ゲー(っていうかストファイ)仕様でなんだかわくわくする。いいところでアダプター抜かれてブラックアウトする画面とか懐かしさの極み。何の話だ。

www.youtube.com

 

04: 夜汽車
ライブでされることはほぼ皆無。強いていえば鬼龍院さんソロライブ「ひとりよがり」で歌われるぐらい。たぶん全楽曲の中で最も低音の部類に入るのではないかと思う。鬼龍院さんの低音を存分に堪能できる。大サビの転調がまた良い味。

 

05: 酔わせてモヒート
渡辺直美ちゃんにしこたま無礼を働いているPV。クラッカーぱーんしたりフラの腰みの頭から被せたり散々な扱いなのにクールな女を演じている直美ちゃんのプロ魂。楽曲はバンドサウンドにピアノが効いててかっこいい。ライブで大サビ前に淳くんが「踊ろうか!」と煽ってくるのが死ぬほど好き。

www.youtube.com

歌広場淳の振付講座もある。緑髪懐かしい。超かわいい。

www.youtube.com

 

06: 成龍很酷
「チェンロンヘンクー」と読む。「ジャッキー・チェンめっちゃかっこいい」の意。個人的に一番好きなPV。カンフー映画パロのPVと絶妙にそれっぽく聞こえる中国語風の歌詞の嵌り方が秀逸。鬼龍院さんの小動物感と喜矢武さんの躍動感と淳くんのバンギャ感と研二さんの出オチ感が一度に楽しめる。複雑な振付で1曲丸々踊る。たのしい。

www.youtube.com

これも歌広場淳の振付講座がある。超短期間だったオレンジ髪。サムネが既にかわいい。

www.youtube.com

 

07: さよなら冬美(Euro mix)
バラード「さよなら冬美」のアレンジバージョン。その名の通りユーロビート調でアップテンポ。原曲より先に聴いたから余計そうかもしれないけどわたしはこっちの方が好き。

 

08: 今夜はトゥナイト
ライブでは後半から終盤あたりに置かれる曲。ライブでも淳くんがお立ち台で踊ってくれる。けど地味に難しい。メロとサビの音程に振れ幅がありすぎて音程が取りづらく、個人的にカラオケで一番歌いにくい曲のひとつ。

歌広場淳の振付講座がある。舌っ足らずなの本当かわいい。

www.youtube.com

 

09: もう会えなくなるなんて
ライブではほぼ聴くことのない曲という印象。終盤へ向かうにつれて広がっていくイメージの曲展開。大サビ後の英語詞が好きだけど、他の曲で支離滅裂な英語詞があるせいで聴くたびに「これはまともな英語だった......」って思うのやめたい。

 

10: 今夜も眠れない(病的な意味で)
全楽曲の中で最も早口の部類に入ると思う。うっかりカラオケで入れると呼吸が死ぬ。1曲丸々踊るし楽しいけどライブでされることはあまりない。その分たまにやられると歓声を通り越して悲鳴を上げてしまう。ライブでの間奏の演出がとってもかわいくて好き。

歌広場淳の振付講座がある。成龍とこれは結構覚えるのに時間かかった記憶。それにしても淳くんかわいい。

www.youtube.com

 

11: 女々しくて -K-POPバージョン-
言わずと知れた「女々しくて」のアレンジバージョン。K-POPにありがちなメロとそこはかとなく韓国人っぽい歌い方。でもディスってるわけじゃないのがきちんと伝わるからすごい。PVは4人とも女装。白シャツ×白ショーパンで半分ぐらい何かしら食い散らかしてる。公式病気だなと思った。かわいい。

www.youtube.com

 

12: 愛なんていらねいよ
少なくともわたしが行き始めて以来ライブでされたことはない。でもダブルアンコール後のBGMとして流れるので何だかんだ毎公演聴いてはいる。サビに振付があるけど未だに覚えられない。地味に難しい。

 

13: 広がる世界
胸に迫る歌詞と壮大なメロですごく聴き応えがある。"ゴールデンボンバー=女々しくて"という人に聴いてほしい。ただわたしは歌詞に抉られすぎて苦しくてなかなか聴けない。「明日も生きようね」って何なの泣くよ。「生きて」じゃなくて「生きよう」って何なの生きるよ。

 

 

改めてみるとほぼかわいいしか言ってない気がしますが事実なので仕方ないですね。

このアルバムだけ取り上げても楽曲の振れ幅の大きさを感じますが、もっと昔のも最近のもまだまだあるのでまたぼちぼち書いていけたらと思います。